ロコス氏のマクロ・ヘッジファンド、昨年の成績はマイナス-関係者

資産家クリス・ロコス氏のヘッジファンドが昨年、運用資産を3.4%失ったことが事情に詳しい関係者の情報で明らかになった。昨年は多数の大型マクロファンドが苦戦を強いられた。

  情報が非公開だとして匿名を条件に述べた同関係者によると、ロコス・グローバル・マクロ・マスター・ファンド(運用資産約70億ドル=約7726億円)は主に昨年12月に資産を失った。ロンドンに本拠を置く同社の広報担当者はコメントを避けた。

  ブレバン・ハワード・アセット・マネジメントの共同創設者であり、有力トレーダーだったロコス氏は、2015年に自分のヘッジファンドを設立した。2016年の運用成績は20%のプラスだった。

ファンド名2017年リターン2016年リターン
Adar Macro35.233.5
Pharo Gaia*27.414.2
Pharo Macro*16.67.5
Rokos Global Macro Master Fund*-3.420
Brevan Howard Master Fund-5.43
Caxton Global-13NA

出所: 投資家向け書簡、企業情報、関係者の情報

原題:Rokos Hedge Fund Is Said to Lose in 2017 as Macro Peers Suffer(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE