ECBハンソン氏:資産買い入れ、9月で一気に終了できる-BZ紙

  • ECB、夏よりも前に政策ガイダンスを調整するべきだ-ハンソン氏
  • 「ゼロへの最後のステップ、もはや大したことではない」

欧州中央銀行(ECB)は夏よりも前に政策ガイダンスを調整するべきであり、9月を最後に資産買い入れを一気に終わらせることに問題はないはずだと、政策委員会メンバーのハンソン・エストニア中銀総裁が述べた。

  ハンソン総裁はドイツ紙ベルゼン・ツァイトゥング(BZ)とのインタビューで、ECBの現在の姿勢はおおむね適切だとの判断を示しつつ、「コミュニケーション面で行動が必要だ」と語った。

  「資産買い入れを終了させる可能性も視野に、近くECBのコミュニケーションにおいて買い入れの重要性を低下させる十分な理由があるのは確かだ」と指摘。最新のECB予測とほぼ一致した経済成長とインフレ率が続く場合、「9月での買い入れ終了は確かに想定可能、かつ適切」になると言明した。

  資産買い入れ額を「ゼロにする最後のステップはもはや大したことではない」とも述べ、「微調整を何度も行う必要はない。問題なく一気にゼロにできると思う」と続けた。

原題:ECB Could End QE After September, Hansson Tells Boersen-Zeitung(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE