アリババのAI、成績が人間上回る-スタンフォード大の読解力試験で

  • 言葉や文章を理解するプロセス模倣の自然言語処理で人間以上の成績
  • 機械の成績が生身の人間上回ったのは初めて-アリババ

The Alibaba Group Holding Ltd. logo is seen on a laptop screen in an arranged photograph.

Photographer: Brent Lewin/ Bloomberg
Photographer: Brent Lewin/ Bloomberg

中国のアリババ・グループ・ホールディングが開発した人工知能(AI)モデルは、スタンフォード大学の読解力テストで人間よりも優れた成績を残した。同社によると、機械による成績が生身の人間を上回ったのは初めて。

  アリババはこのAIに対して先週、世界で最も権威あるマシンリーディングの基準の一つとされるテストを構成する質問10万項目余りに正確に答えるよう指示。成績は82.44と、過去に人間が達成した82.304を上回った。

  いわゆる自然言語処理は、人間が言葉や文章を理解するプロセスを模倣する。スタンフォード大のテストは500を超えるウィキペディアの記事に基づき、機械学習モデルが大量の情報を処理して正確な答えを引き出せるかを探る。この技術は、カスタマーサービスや博物館での案内、患者からの質問に対するオンライン回答などに順次応用でき、これまでにないやり方で人間によるインプットの必要性を低下させるという。

原題:Alibaba’s AI Outgunned Humans in Key Stanford Reading Test(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE