中国の小米、IPOに向けゴールドマンなど外銀起用-関係者

  • モルガンSやクレディ・スイス、ドイツ銀も選ばれたと関係者
  • IPOでは企業価値が最大約11兆円と評価される可能性

中国のスマートフォンメーカー、小米は計画している新規株式公開(IPO)に向けモルガン・スタンレーゴールドマン・サックス・グループなどの外国銀行を起用した。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  IPOで小米の企業価値は最大1000億ドル(約11兆円)と評価される可能性があり、クレディ・スイス・グループドイツ銀行もIPO業務担当に選ばれた。非公開情報だとして関係者が匿名を条件に述べた。

  北京に本社を置く小米はまだ中国の引受金融機関について検討中で、IPOを実施する市場や時期は決めていないとも関係者は説明。IPOが実現すれば、中国のアリババ・グループ・ホールディングによる250億ドルのIPO後で最大規模となる可能性がある。

  小米とゴールドマン、クレディ・スイス、ドイツ銀はコメントを控えた。モルガン・スタンレーの担当者はコメント要請に今のところ応じていない。

Stacking Up

The financials that are being reported for Xiaomi would make the Chinese startup among the most profitable smartphone makers in the world

Source: Reuters, Bloomberg

Note: Meitu's 2016 net income margin was -397 percent (yes, really), thus the 2017 estimate is used.

原題:Xiaomi Is Said to Choose Morgan Stanley Among Banks For IPO (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE