コンテンツにスキップする
cojp

衝突事故起こしたイランの石油タンカー、東シナ海で爆発後に沈没

  • 「深刻な」油の流出は10平方キロメートルに広がる-中国中央テレビ
  • イラン当局者:乗組員32人全員が死亡したと推測される

上海沖での衝突事故後に炎上しながら漂流していたイランの石油タンカー、サンチが14日午後、爆発を起こして東シナ海で沈没した。中国中央テレビ局(CCTV)が中国国家海洋局の情報を引用して伝えたところによると、10平方キロメートルにわたって油の「深刻な」流出を招いているという。

32 missing after oil tanker collides with cargo ship off China's eastern coast

衝突後の石油タンカー

出典:韓国沿岸警備隊

  CCTVは14日、タンカーから漏れた油はまだ燃焼していると伝えた。国家海洋局当局者は電話取材に対し、流出した海域のデータを収集していると説明。同局はウェブサイトで環境に影響が及ぶと指摘した。イラン当局者は同日、乗組員32人全員が死亡したと推測されると述べた。

  サンチは1月6日に上海沖で貨物船と衝突事故を起こした際、約100万バレルのコンデンセートを輸送していた。すべてのコンデンセートが燃焼せずに海に漏れ出せば、過去50年で最大級の流出事故となる。コンデンセートは石油化学品生産で使用される可燃性の高い液体炭化水素。

原題:Stricken Iranian Oil Tanker Sinks in East China Sea After Blast(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE