イスラエルのテバをジャンク級に格下げ-ムーディーズ

  • 新たな格付けは「Ba2」-従来から格下げを2段階引き下げた
  • テバ主力製品の収入が低迷-格付け見通しは「安定的」

米ムーディーズ・インベスター・サービスは12日、イスラエルのジェネリック(後発薬)メーカー、テバファーマスーティカル・インダストリーズを投資不適格(ジャンク)級に格下げした。

  ムーディーズはテバの企業信用格付けを「Ba2」と、従来の「Baa3」から2段階引き下げた。格付け見通しは「安定的」。テバは主力製品の収入が落ち込み、債務返済のため資産を売却している。

  「Baa3」は投資適格級としては最も低く、「Ba2」はジャンク級としては上から2番目。

原題:Teva’s Debt Cut to Junk by Moody’s, Adding to Drugmaker’s Woes, Teva Senior Unsecured Ratings Cut to Junk by Moody’s(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE