【米国株・国債・商品】主要株価指数が上昇、銀行決算受け

更新日時
  • 「税改革が利益押し上げ」-市場はJPモルガンの見解を好感
  • 米国債は下落、12月の米CPIコア指数が予想を上回る上昇

Traders work on the floor of the New York Stock Exchange (NYSE) in New York, U.S.

Photographer: Bloomberg/Bloomberg

12日の米株式市場では主要株価指数が続伸し、過去最高値を更新した。昨年12月の米小売売上高が米経済に対する楽観を強め、米税制改革が企業決算を押し上げるとの見方が広がった。

  • 米国株は続伸、JPモルガンなど銀行決算受け
  • 米国債は総じて下落、2年債利回りが一時2%を上回る
  • NY原油は5日続伸、週間でも上昇
  • NY金は続伸、週間では2016年以来最長の5週連続高

  S&P500種株価指数は週間ベースの上げ幅を拡大したほか、年初来の上昇率を4.2%に伸ばした。この日最新の決算を発表したJPモルガン・チェースが新税制によって2018年の利益が大きく膨らむとの見方を示し、ダウ工業株30種平均を押し上げた。

  S&P500種は前日比0.7%高の2786.24。ナスダック総合指数は0.7%上げて7261.06。ダウ平均は228.46ドル(0.9%)高の25803.19ドル。ニューヨーク時間午後4時35分現在、米10年債利回りは1ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇し2.55%。

  ニューヨーク原油先物市場のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物は続伸。これで5営業日続伸。週間ベースでも値上がりした。米原油在庫の着実な減少などが背景。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物2月限は前日比50セント(0.8%)高の1バレル=64.30ドルで終了。これは2014年12月以来の高値水準。ロンドンICEの北海ブレント3月限は61セント上げて69.87ドル。北海ブレント原油は前日、バレル当たり70ドルを上回る場面もあった。

  ニューヨーク金先物相場は続伸。週間では2016年半ば以降で最長の5週連続上昇となった。ドルが下げ幅を拡大したことが手掛かり。米インフレは加速したものの、材料視されなかった。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物2月限は前日比0.9%高の1オンス=1334.90ドルで終了した。

  米国債相場は大半の指標銘柄が下げたものの、下げ幅は引けにかけて徐々に縮小した。朝方は米消費者物価統計でコア指数の伸びが予想を上回ったことを消化する展開の中、2年債利回りが2008年以降で初めて2%を上回る場面があった。コアインフレの加速を受けて、市場では米金融当局による利上げの正当性が高まると解釈された。

  米労働省が朝方発表した昨年12月の消費者物価指数(CPI)では、食品とエネルギーを除くコアCPIが前月比で0.3%上昇(市場予想は0.2%上昇)。中でも居住費の上昇が目立った。

  5年債と30年債の利回り差は、07年以降で初めて51bpを割り込んだ。

原題:Stocks Rise Amid Bank Earnings as Dollar Tumbles: Markets Wrap(抜粋)
Treasuries 5s30s Curve Approaches 50bp in CPI-Driven Selloff(抜粋)
Crude Posts Weekly Gain After Bullish Run-Up to $70 a Barrel(抜粋)
PRECIOUS: Gold Futures Post Best Weekly-Gains Run Since 2016(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE