トランプ氏の在英大使館「二束三文」発言、時期の点で一理ある可能性

トランプ米大統領はロンドンの旧米大使館が「二束三文」で売却されたとツイートしたが、この発言には一理あるかもしれない。

トランプ大統領のツイート

Twitter

  不動産仲介のジョーンズ・ラング・ラサールがブルームバーグの依頼でまとめたデータによると、ロンドンのメイフェア地区にある歴史的建造物を米政府が売却したのは、不動産バブル破裂の最悪期だった。メイフェアを含むウエストエンド地区の優良オフィス物件の価格は以来、2倍に跳ね上がっている。ただ、大使館の移転が決まったのは、オバマ前大統領が当選する前の2008年だった。

  グロブナースクエアに立地する旧米大使館の長期リースを買い取ったのは、カタール政府。カタールは物件を高級ホテルに改装する計画だ。

Sold for Peanuts?

Trump tweet highlights timing of U.S. embassy sale in upscale Grosvenor Square

Source: Jones Lang LaSalle Inc.

原題:Trump Might Just Have a Point on London Embassy Sale Timing (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE