独プーマ株、急落-仏ケリングが経営権を手放す方針

  • ケリングはプーマ株の7割を放出する-高級ブランド専念
  • プーマ株はフランクフルト市場で一時16%安

ドイツのスポーツ用品メーカー、プーマの株価が12日に急落し、2001年以来最大の下げとなった。グッチやサンローランなどの高級ブランドを展開するフランスのケリングがプーマの経営権を手放すと発表したことが嫌気された。

  ケリングは高級ブランドに専念するため、プーマの発行済み株式の7割を放出し、持ち株比率を約16%に引き下げる計画。

  プーマ株はフランクフルト市場で一時16%安と、01年9月以来の大きな下落率を記録。ケリングの株価はパリでの取引で1.6%上げた後、2.3%安となった。

原題:Puma Plunges as Gucci Owner Kering Moves to Shed Its Stake、These Shoes Don’t Fit: Gucci Parent Returns Puma to Shareholders(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE