バノン氏、米下院情報委が非公開聴取へ-ロシア疑惑調査の一環

トランプ米大統領の主席戦略官だったスティーブ・バノン氏は、2016年米大統領選挙へのロシアの干渉疑惑を巡る調査の一環として、下院情報特別委員会の聴取を非公開の場で受ける見通しだ。同委員会のアダム・シフ民主党筆頭理事が11日に明らかにした。

  シフ氏は記者団との会合で「ぜひ来てもらいたい。応じてもらえると期待している」と述べた。

  同委の日程に詳しい関係者によれば、バノン氏の聴取は来週行われる可能性が高いが、予定は流動的だ。

  バノン氏はロシア疑惑調査で不正を追及されていない。同氏は先月、同委から召喚状ではなく書簡で「任意の聴取」を求められていた。書簡は聴取の具体的理由や質問事項には言及していないが、ロシア調査の一環であることを明示している。

原題:Bannon Expected to Meet With House Panel in Its Russia Probe(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE