英国の代表的EU離脱派、再度の国民投票実施呼び掛け-首相府は否定

  • 独立党元党首のファラージュ氏、問題の長期的決着が狙いと説明
  • 呼び掛けには離脱撤回を狙う政治家からも支持

英国の独立党(UKIP)元党首で2016年の国民投票では欧州連合(EU)離脱を声高に唱えたナイジェル・ファラージュ氏が11日、国民投票を再度行うべきだとの考えを表明した。

  この呼び掛けにはEU離脱キャンペーンに多額の資金を提供したアーロン・バンクス氏のほか、離脱決定を覆そうと狙う政治家から支持を集めている。

ナイジェル・ファラージュ氏

写真家:Marlene Awaad / Bloomberg

  英国内でEU離脱撤回を求める声が高まりつつあるが、ファラージュ氏はEU残留派を黙らせ、今後数十年にわたってこの問題を解決させたいと発言。「単に可能性としての話だが、恐らくもう一度国民投票を実施するべきだろう」と110万人のフォロワーに向けてツイートした。

  さらにチャンネル5の番組で「EU加盟国であることを問う国民投票を再度行えば、この問題を数十年にわたり葬ることができる」とし、「離脱に投票する割合は前回よりもはるかに大きいだろう」と主張した。

  メイ首相はこれまで、国民投票の再実施は16年に離脱に投票した52%の英国民を「裏切る」ことになるとして、実施の可能性を否定。首相府のスラック報道官も11日、「再度の国民投票はない」と話した。

原題:Nigel Farage, Champion of Brexit, Backs a Second Referendum (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE