アジア株下落、割高感強まる-香港ハンセン指数は値上がり続く

  • MSCIアジア太平洋指数は先月15日以来の大きな下げとなる方向
  • ハンセン指数は13営業日続伸-中国本土株も上げた

11日のアジア株式相場は下落。MSCIアジア太平洋指数が前日、過去最高値を更新する7営業日続伸となり、ここ20年で最も買われ過ぎの水準に達していた。

  MSCIアジア太平洋指数は香港時間午後4時43分(日本時間同5時43分)現在、前日比0.4%安の180.18。このまま引ければ、昨年12月15日以来の大きな下げとなる。一時は0.7%安となる場面もあった。

  ただ香港市場ではハンセン指数が0.2%高で引け、13営業日続伸となった。中国本土の上海総合指数は0.1%高、深圳総合指数は0.4%上昇で終了した。

原題:Asian Stocks Fall After Hitting Most Overbought Level Since 1997(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE