中国人民銀、3週間ぶりに資金供給を実施-短期金利上昇を受けて

中国人民銀行(中央銀行)は11日、3週間ぶりに金融システムへの資金供給を実施した。市場では短期金利が上昇し、債券価格は下落していた。

  人民銀は7日物と14日物のリバースレポを通じ、計600億元(約1兆300億円)を金融システムに供給。償還期日到来分を考慮に入れると、注入額は差し引き300億元となる。

  上海時間午前9時53分(日本時間同10時53分)現在、翌日物レポ金利は13ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の2.77%と、4日連続で上昇。今週に入り37bp上げている。

原題:PBOC Adds Funds First Time in Three Weeks After Money Rates Jump(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE