米、60年ぶりに天然ガスの純輸出国に-メキシコ向けなどが寄与

  • 前年の純輸入から昨年は日量約4億立方フィートの純輸出に転換
  • パイプライン経由のメキシコ向け輸出は大幅増加の予想

米国は昨年、少なくとも1957年以来初めて天然ガスの純輸出国に転じた。

  米エネルギー情報局のアナリスト、ビクトリア・ザレツカヤ氏によれば、昨年は平均で日量約4億立方フィートの純輸出となり、2016年の同18億立方フィートの純輸入から転換した。これらの統計は同機関が11日に公式に発表すると同氏は語った。

  ザレツカヤ氏は10日の電子メールで、パイプライン経由でメキシコに送られる天然ガスの「大幅増加が予想される」ことに加え、世界各国への液化天然ガス(LNG)出荷量の増加により、純輸出傾向が強まっていくのは確実だと述べた。

原題:U.S. Became a Net Gas Exporter for the First Time in 60 Years(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE