米大統領:北朝鮮との戦争を予想せず-武力衝突の懸念否定

更新日時
  • ネラー米海兵隊総司令官の「戦争が近い」という発言を否定
  • 大統領は南北協議への期待をあらためて示した

U.S. President Donald Trump, right, speaks while Erna Solberg, Norway's prime minister, on Jan. 10.

Photographer: Ron Sachs/Pool via Bloomberg

トランプ米大統領は10日、米国と北朝鮮の危機が戦争なしに解決されるとの見通しを示した。

  トランプ大統領はホワイトハウスでノルウェーのソルベルグ首相と共同会見し、武力衝突があるとの懸念を否定した。ネラー米海兵隊総司令官が先月ノルウェーで海兵隊員に対し、大きな戦闘を予想しており、戦争が近づいていると発言したとミリタリー・ドット・コムが伝えたことについてノルウェーの記者が質問した。同大統領はネラー総司令官について、「彼は私が知らないことを知っているのかもしれない。しかし私はそれを予想していない」と述べた。

  トランプ大統領はまた、米国は北朝鮮に関して「幾つかの問題」を抱えているとしながらも、9日の南北会談について「多くの好ましい協議が現在進んでおり、これはプラスの大きな推進力だ。たくさんの良い結果をもたらすことを望む」と好意的に語った。

原題:Trump Says He Doesn’t Expect U.S. to Fight War With North Korea(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE