ビットコインが半額になっても中国での「採掘」は黒字

  • 採掘者の損益分岐点は6925ドル-BNEF
  • 世界のビットコイン採掘能力の約75%が中国にある

A technician inspects bitcoin mining machines at a mining facility operated by Bitmain Technologies Ltd. in Ordos, Inner Mongolia, China.

Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

ブルームバーグ・ニュース・エネルギー・ファイナンス(BNEF)によると、ビットコインの「採掘」は中国では非常に高い利益の出る事業で、ビットコインの価格が現在の半分なっても採掘者たちは黒字を確保できる。

  中国の正規電力料金の中で最も高いものに基づいても、ビットコイン採掘の損益分岐点は6925ドルとなる。BNEFのアナリスト、ソフィー・ル氏が10日のリポートで試算した。現在のビットコイン価格は1万3900ドル付近。

  ビットコインが昨年1400%値上がりしたことで、その採掘のための電力需要が高まった。大量の電力を消費する採掘のための高性能コンピューターのほぼ75%が、電力料金の安い中国に集まっている。採掘者が低料金に乗じていることを懸念し始めた中国当局は、採掘者による電力使用の制限を計画していると関係者が述べた。

  中国の正規の電力料金は最高でも、1キロワット・時間当たり0.13ドルだが、電力業界の供給能力過剰のため交渉によっては同0.03ドルの低料金すら可能だとル氏は書いている。この場合、損益分岐点は3869ドルになるという。  

Bitcoin Breakevens

Bitcoin's rise in value makes mining profitable at any electricity price in China

Source: Bloomberg New Energy Finance

Note: Discounted rate $0.03/kwh; wholesale $0.06/kwh; industrial $0.13/kwh

原題:Bitcoin Can Drop 50% and China Miners Will Still Make Money (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE