文大統領:条件整えば南北首脳会談の用意、北朝鮮核は受け入れられず

  • 適切な条件整えば金正恩委員長といつでも会談する用意
  • 朝鮮半島の非核化は決して譲ることができない立場

韓国の文在寅大統領は10日、北朝鮮の核開発プログラムは決して受け入れられないと強調しながらも、条件が整えば朝鮮労働党の金正恩委員長と会談する用意があると表明した。

  文大統領はソウルでの新年記者会見で、「韓国と北朝鮮が過去に共同で宣言した朝鮮半島の非核化は、われわれが決して譲ることができない立場だ」と言明。「朝鮮半島で戦争を繰り返してはならない」とし、韓国は平和的な解決を支持すると述べた。

  9日には約2年ぶりに南北の高官級会談が開かれた。それについて文大統領は、「幸いなことにも、偶発的な衝突が起きる前に北側が対話のテーブルについた。いずれ非核化の対話につなげることがわれわれの課題だ」と語った。

  大統領は適切な条件の下で金委員長と会談する用意があるとしながらも、「首脳会談のための首脳会談とすることはできない。会談が実現するには、適切な条件が整い、何らかの結果が保証されなければならない」と述べ、そうした条件が整えば、「いつでも金委員長と会談する用意がある」と語った。

原題:Moon Open to Meeting Kim, Won’t Accept North Korea’s Nukes (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE