モラー特別検察官、トランプ氏面談の可能性巡り弁護士と協議-関係者

トランプ米大統領の弁護士チームは、モラー特別検察官との面談の可能性に備えるとともに、そうした面談の範囲について特別検察官オフィスと予備的な協議を行っている。事情に詳しい関係者1人が明らかにした。

  特にトランプ氏が思いつきで発言する傾向を踏まえると、モラー特別検察官と面談することになれば、大統領にとって新たなリスクをもたらす注目のイベントとなる。トランプ氏が面談で虚偽ないし誤解を招く恐れのある発言を行えば、法執行に対する偽証や司法妨害の罪に問われかねない。

  元司法省当局者で現在は法律事務所コール・ショッツのマイケル・ワインスタイン氏はトランプ氏について、「メディアの面前で行うことも可能かもしれないが、それには実際の結果が伴う」と指摘した。

  関係者によれば、モラー特別検察官はここ1カ月ほどトランプ政権の当局者に聞き取りを行っておらず、現時点ではそのフォローアップも予定されていない。

原題:Mueller Is Said to Discuss Possible Trump Interview With Lawyers(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE