中国で最も裕福な女性、わずか4日間で資産2370億円膨張-保有株上昇

  • 不動産開発の碧桂園の過半数株式を保有する楊恵妍氏
  • 中国全土でも5位の富豪に-碧桂園の株価は年初来17%上昇

中国の大手不動産開発会社、碧桂園(カントリー・ガーデン・ホールディングス)の株価が急伸し、楊恵妍同社副会長の資産が21億ドル(約2370億円)増加した。新年最初の株式取引日からたった4日間でのことだ。

  ブルームバーグ・ビリオネア指数によれば、碧桂園の株式の過半数を保有する楊氏の資産は5日時点で256億ドルに膨らみ、中国5位の富豪となった。香港市場で取引される同社の株価は8日も前週末比7.4%上昇し、年初からの値上がり率は17%となった。

楊恵妍氏 2006年

出典:Imaginechina

  同指数で見ると、楊氏(36)は女性としては中国で最も資産額が多い上に同国最年少のビリオネア。同氏の父親の楊国強氏は1992年に仲間と共に碧桂園を創業。国強氏は2005年、保有していた自社の過半数株式を恵妍氏に譲渡。07年の新規株式公開(IPO)時の目論見書によれば、株式譲渡にはグループ内での「家族権益の継承者として楊恵妍氏を鍛えたいという国強氏の意図」があった。

  碧桂園は中国本土の不動産ブームの恩恵を受けている企業の一つ。同社が5日発表した17年の契約販売額は暫定ベースで5508億元と、昨年8月に発表した会社目標の5000億元を上回った。

  ブルームバーグ・ビリオネア指数によると、中国で最も裕福な個人はアリババ・グループ・ホールディング創業者の馬雲(ジャック・マ)氏、次いでテンセント・ホールディングス(騰訊)の馬化騰氏、不動産開発会社の中国恒大集団の許家印氏の順。

原題:China’s Richest Woman’s Wealth Rose by $2 Billion in 4 Days (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE