アストンマーティン、企業価値を7650億円と見なすIPO探る-関係者

  • 債務を含めた評価額について複数のアドバイザーと予備協議と関係者
  • 資本再編などを巡る臆測にはコメントしない-広報担当

英スポーツカーメーカー、アストンマーティンは同社の企業価値を最大50億ポンド(約7650億円)と見なす新規株式公開(IPO)を目指している。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  アストンマーティンは、債務を含めた評価額について複数のアドバイザーと予備協議をしており、フェラーリと同程度の企業価値となる可能性がある。非公開協議だとして関係者が匿名を条件に述べた。  

アストンマーティンDB11

写真家:Chris Ratcliffe / Bloomberg

  関係者によれば、アストンマーティンは2019年から利幅の大きいスポーツタイプ多目的車(SUV)分野での事業拡大を計画しており、これが年内にもロンドンで見込まれるIPOへの投資家の関心を支える可能性がある。アドバイザーはIPO以外の選択肢も検討しており、上場については何も決まっておらず、企業価値は暫定的な推計だとも関係者は語った。

  アストンマーティン広報担当のサイモン・スプロール氏は「会社の方針として、将来のオーナーシップや資本再編を巡る臆測にはコメントしない」と述べた。

原題:Aston Martin Is Said to Seek $6.8 Billion Value in Potential IPO(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE