円が全面高、日銀によるテーパリング思惑で-ドル・円一時112円半ば

更新日時
  • 朝方に113円18銭まで上昇後、一時112円50銭まで下落
  • 下落は日銀オペがきっかけ-FXプライムbyGMO

東京外国為替市場では円が全面高。日本銀行がこの日の金融調節で長期国債買い入れ額を減らしたことを受けて、量的金融緩和縮小(テーパリング)の思惑から円買いが優勢となった。

  ドル・円相場は9日午後3時9分現在、前日比0.4%安の1ドル=112円68銭。朝方に113円18銭まで上昇した後、日銀による午前10時10分の金融調節で国債の買い入れ減額が通知されると、円買いが一気に強まった。一時は112円50銭と4日以来のドル安・円高水準を付けた。

  FXプライムbyGMOの柳沢浩チーフアナリストは、ドル・円の下落について、「日銀のオペがきっかけ。113円台半ばは買いたくないと思っていたところで材料を探していたのかもしれない」と説明。「米10年債利回りも2.5%が壁になっているようで、そこから上に行けないため、113円台は売りたい材料になっているが、かといって112円台前半にがんがん売っていくのも難しい。一目均衡表の雲の下限112円35銭付近で止まるのではないか」と述べた。

  午前の金融調節で日銀は、残存10年超25年以下を1900億円、残存25年超を800億円とそれぞれ100億円減額した。超長期ゾーンの減額は残存10年超25年以下が2016年12月28日以来、残存25年超は昨年11月24日以来となる。

  大和証券の亀岡裕次チーフ為替アナリストは、ドル・円について、「日銀が国債買い入れを前回に比べて合計200億円減額したことの影響が大きい。目先は112円台半ばが下値めど」と話した。

  一方、野村証券の池田雄之輔チーフ為替ストラテジストは、「日銀はステルステーパリングを元々やっていて、タイミングはどうなるにせよ減額の方向は元々あった。今回長期金利があまり低くない時に減額したので多少サプライズだったとは思うが、少なくとも為替市場の反応は過剰かなと思う」と分析。「黒田総裁が円高を招くような政策を取るとは到底思えない」と語った。

  ユーロ・ドル相場は同時刻現在、0.1%安の1ユーロ=1.1960ドル。今年に入ってからのユーロ・ドルは4日に昨年9月以来の高値を付け後から伸び悩み、前日には一時1.1956ドルと12月29日以来のユーロ安・ドル高水準を付けた。

  ステート・ストリート銀行の若林徳広在日代表兼東京支店長は、「シカゴマーカンタイル取引所(CME)国際通貨市場(IMM)のポジションでユーロ・ロングが記録的な水準だったので利食い売りが出た」としながらも、「下値は固い。ユーロ高・ドル安の地合いは続く」との見方を示した。

  米商品先物取引委員会(CFTC)によると、IMM先物取引非商業部門のユーロ買い越しは2日時点で12万7868枚と1999年のユーロ発足以降の過去最高を記録した。

  CIBC証券金融商品部の春木康部長は、「12日の米国の消費者物価指数(CPI)・小売売上高まではドイツ連立政権交渉動向やユーロの調整が注目材料」とみている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE