ヘッジファンド、明暗分かれた2017年-全体では13年以来の好成績

  • 業界全体はプラス6.5%-株式はプラス12%、マクロはプラス4%
  • 今年もマクロ系には「引き続き困難な時期になる」-マレンダ氏

2つのヘッジファンドの成績が、業界で2017年に分かれた明暗を如実に示している。

  株式ファンドのコーチュー・クオリファイド・パートナーズはテクノロジー銘柄への投資が寄与してプラス24%となったが、マクロファンドのキャクストン・グローバルはマイナス13.4%だったことが、投資家向け資料と事情に詳しい関係者の話で分かった。2つのファンドは業界の両極端の成績となったわけだが、業界全体でみればまずまずだった。ヘッジファンド・リサーチの8日付リポートによると、ヘッジファンド業界の昨年の成績は資産加重ベースで平均プラス6.5%と、13年以来の好成績。 
 

Winners and Losers

Equity funds climb while macro strategies suffer in 2017

Source: Investor documents and Bloomberg reporting

Note: *Data through Dec. 22

  株価が大幅上昇した昨年は、株式ファンドの成績はプラス12%と他の戦略を上回った。投資家向け資料によれば、ルネサンス・テクノロジーズのインスティチューショナル・エクイティーズ・ファンドは昨年12月にマイナス2.3%となったものの、17年通年ではプラス15.2%。とはいえ、米S&P500種株価指数は同年に22%近く上昇し、多くの株式ファンドの成績をしのいだ。

  これに対して、マクロファンドの昨年の成績は平均プラス4%と業界で最低。世界的な低金利と低ボラティリティーが響いた。

  ケンブリッジ・アソシエーツのヘッジファンド専門家ジョー・マレンダ氏は、今年も市場環境に大きな変化はないとみて、マクロ系では「大型ファンドにとって引き続き困難な時期になるだろう」と述べた。

原題:Hedge Funds’ Best Year Since 2013 Not as Great as It Sounds (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE