米アンドロイドの決済サービス、「グーグルペイ」にブランド一本化

米アルファベットは傘下のさまざまな決済サービスのブランド名を「グーグルペイ」に一本化する。

  グーグルの持ち株会社アルファベットは「アンドロイドペイ」や「グーグルウォレット」など数多くの決済・送金サービスを展開してきたが、グーグルのバイスプレジデント、パリ・バーツ氏は8日のブログ投稿で、グーグル利用者は同社全ての決済サービスのアカウントに記録された支払い情報をグーグルペイの下で利用できるようになると説明した。

  アルファベットによれば、グーグルペイはすでにエアビーアンドビーやダイス、ファンダンゴ、ハングリーハウス、インスタカートなどのウェブサイトで利用できる。

原題:Google Consolidates Its Payments Services Under Brand Google Pay(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE