【NY外為】ドルが3週間で最大の上昇-ユーロは値下がり

更新日時

8日のニューヨーク外国為替市場では、ドルが昨年12月半ば以降で最大の上げ。ユーロの動きを示す指数は10月26日以降で最大の下げとなった。

  ブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.3%高と、12月15日以来最大の上げ。一方でブルームバーグ・ユーロ指数は0.6%の下げ。対円での取引が重しとなった。ドルは昨年のクリスマス以降に特に見られる小幅な上げ下げを繰り返すパターンが続いている。

  ニューヨーク時間午後4時35分現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前週末比0.3%上昇。ユーロは対ドルで0.5%下げて1ユーロ=1.1966ドル。対円では0.5%安の1ユーロ=135円30銭。ドルは対円でほぼ変わらずの1ドル=113円07銭。

  市場では最近、米景気回復の力強さや利上げペースへの影響に対する疑問が広がり、それがドルの下押し圧力となってきた。一方でユーロは、先週に対ドルでの2017年の高値を試す場面が何度かあったものの超えられず、上昇の勢いをそがれた。

  この日は複数の米金融当局者が講演。アトランタ連銀のボスティック総裁は、「ゆっくりとした政策緩和解除を継続することに違和感はない」とした上で、「それが年3、4回の利上げだということは必ずしも意味していない」とも述べた。

  韓国と北朝鮮は、約2年ぶりとなる南北高官級会談を9日に開く。来月開催される平昌冬季五輪への北朝鮮の参加が主な議題だが、市場ではこの会談が地政学的緊張の緩和につながる可能性があるとの観測が広がり、このところ円の押し下げ要因となっている。

欧州時間の取引

  ドルは欧州時間も堅調に推移。主要10通貨全てに対して上昇する展開となった。ドル指数はアジア時間には3カ月ぶり安値を付ける場面もあったが、欧州時間に入り大きく上昇した。

原題:Dollar Gains Most in Three Weeks While Euro Stumbles(抜粋)
Dollar Climbs for First Time in Three Days as Euro Rally Stalls

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE