ゴープロ:人員を20%削減、ドローン事業から撤退-売り上げ低調で

  • ウッドマンCEOは2018年の現金報酬を1ドルに減らす
  • 8日の米市場でゴープロの株価は急落、一時33%安

米ウエアラブルカメラメーカーのゴープロは、世界全体の従業員の20%余りを削減し、ドローン事業から撤退すると発表した。同社の2017年10-12月(第4四半期)の業績は期待外れな内容に終わった。人員削減数は250人余りとなり、全体の従業員数は1000人未満に減る。

  ゴープロは8日、第4四半期の売上高について3億4000万ドル(約384億円)程度と、同社の従来予想(最大4億8000万ドル)およびアナリスト予想の平均(4億7200万ドル)を大きく下回る見通しを示した。売上高は、ホリデーシーズンにおけるドローン「カルマ」やカメラ「ヒーロー」シリーズの値下げにより8000万ドルのマイナスの影響を受けたとしている。 

  ニコラス・ウッドマン最高経営責任者(CEO)は発表資料で、マーケティングに多額の費用を投じた「ヒーロー5ブラック」について、需要低迷から12月に値下げを開始したと説明。また今月7日にはヒーローの最新製品についても100ドル値下げし、399ドルとした。

  ウッドマンCEOは2018年の現金報酬を1ドルに減らす。またチャールズ・プローバー最高執行責任者(COO)は2月に退社する。

  8日の米株式市場でゴープロの株価は一時33%安の5.04ドルと、上場来安値を付けた。下落率も上場来最大。

原題:GoPro Cuts 20% of Jobs, Exits Drone Group on Lower Revenue (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE