コンテンツにスキップする

ゴールドマンとシティが幹事か、サウジアラムコのIPO

  • JPモルガンとHSB、モルガンSもグローバルコーディネーターに
  • 早ければ来週にも最終決定の可能性と関係者

サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコは、世界最大規模となる新規株式公開(IPO)の幹事に米ゴールドマン・サックス・グループとシティグループを起用する方針だと、事情に詳しい関係者が明らかにした。

  情報は非公開だとして関係者が匿名を条件に述べたところによると、アドバイザーを務めてきたJPモルガン・チェースとHSBCホールディングス、モルガン・スタンレーもグローバルコーディネーターに指名される見込み。起用される銀行はさらに増える可能性もあるが、早ければ来週にも最終的な顔ぶれが決まる公算だという。

  アラムコは先月、IPOのコーディネーターと事務幹事の業務を希望する銀行に売り込み活動を促した。事情に詳しい関係者が当時明らかにしていた。サウジ政府はアラムコ株の最大5%を売却しようとしている。

  政府の評価によれば同社のバリュエーションは2兆ドル(約226兆円)で、史上最大規模のIPOとなり得る。アラムコとゴールドマン、シティ、HSBC、モルガン・スタンレー、JPモルガンの担当者はそれぞれコメントを控えた。

原題:Goldman, Citi Are Said to Be in Lead for Top Roles in Aramco IPO(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE