ドイツ銀とコメルツ銀の合併、サーベラスが反対-ハンデルスブラット

  • サーベラスのファインバーグ氏はドイツ政府高官と12月半ばに協議
  • ドイツは2行のプライベートバンク併存に十分大きいとの結論

米投資会社サーベラス・キャピタル・マネジメントはドイツの2大銀行であるドイツ銀行とコメルツ銀行が合併することに反対だと、独紙ハンデルスブラットが報じた。

  サーベラスのスティーブン・ファインバーグ最高経営責任者(CEO)は昨年、両行の株を購入したことで合併観測をあおったが、ドイツ政府の高官と昨年12月半ばに協議した結果、同国市場は2行のプライベートバンクが併存するのに十分大きいとの結論に達したという。ハンデルスブラットは情報源を示さずに報じた。

  サーベラスとドイツ銀は同紙に対しコメントを控え、コメルツ銀の担当者は既存株主および潜在的投資家と接触を維持しており「サーベラスも例外ではない」と述べたという。

原題:Cerberus Opposes Deutsche Bank-Commerzbank Merger: Handelsblatt(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE