VWとウーバー、自動運転向けにエヌビディアの技術採用

  • プロセッサ-とソフトをウーバーが採用-エヌビディアCEO
  • VWはインテリジェント・コパイロット・システムに取り入れる

グラフィック半導体の米エヌビディアは、同社の人工知能(AI)に関する専門知識・技術をウーバー・テクノロジーズとフォルクスワーゲン(VW)が自動運転車の実用化のために採用すると発表した。

  エヌビディアのジェンスン・フアン最高経営責任者(CEO)はラスベガスでの家電見本市CESの会場で7日、同社のプロセッサーとソフトウエアを配車アプリ最大手のウーバーが使うことを明らかにした。

  VWはインテリジェント・コパイロット・システムの開発にエヌビディアの技術を取り入れる。両社が発表した。フアンCEOが上がったステージにはVWブランド責任者ヘルベルト・ディース氏が加わった。

原題:Volkswagen, Uber to Deploy Nvidia’s Technology for Self Driving(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE