トヨタ:自動運転EVで宅配や移動ホテル-アマゾンなどと提携

更新日時
  • バスのような専用車両を共同で設計-米国際家電見本市でコンセプト
  • 車両の内装に手を加えることでさまざまな用途での利用が可能に

トヨタ自動車はインターネット通販最大手の米アマゾン・ドット・コムやライドシェア大手のウーバー・テクノロジーズなどと提携し、自動運転や電動化技術を用いて小売りや外食、配送などさまざまな事業者が活用できる移動車両サービスに取り組むと発表した。

  ラスベガスで開かれた国際家電見本市(CES)で現地時間8日明らかにした。トヨタの発表資料によると、アマゾン、ピザハット、配車サービスを手がける米ウーバーや中国の滴滴出行、マツダが初期パートナーとして参画し、実証事業などを進めていく。

  「eパレット」と名付けられた専用EVコンセプトは、バスのような箱形の低床形状とし、全長4メートルから7メートルまで三つのサイズを備えることを想定しており、内装に手を加えることでライドシェアやホテルの客室、宅配、小売店などさまざまな用途に応用できるようにする。将来的には複数の事業者による1台の車の相互利用なども視野に入れており、2020年代前半に米国などで実証試験を実施する予定。

  トヨタはこのサービスの展開にあたり、車両制御のインターフェース(規格)を外部に開示。これによりさまざまな企業が開発した自動運転システムの搭載が可能になるとしている。豊田章男社長は「eパレット」のコンセプトは、これまでの車の概念を超えて消費者にサービスを含めた「新たな価値が提供できる未来のモビリティ社会の実現に向けた大きな一歩」と発表文の中で述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE