トランプ米大統領:北朝鮮との対話参加に前向き-「適切な時期に」

  • 南北会談が五輪協力以上の成果につながれば素晴らしい-トランプ氏
  • 北朝鮮が核実験などを「かなりの時間」停止する必要-ヘイリー大使

トランプ米大統領は6日、韓国と北朝鮮による協議に米国が「適切な時期に」参加することに前向きな姿勢を示した。また、正しい条件の下であれば北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長と直接対話する用意があると表明した。

  トランプ氏はワシントン郊外のキャンプデービッドでの記者会見で、9日に行われる南北高官級会談について、「現時点では彼らは五輪について話し合う。これはスタートだ。大きなスタートだ」と語り、来月開催される冬季五輪での協力以上の成果につながれば、それは「人類にとって素晴らしいことだ」とした。

キャンプデービッドで語るトランプ大統領(1月6日)

写真:Chris Kleponis / Pool via Getty Images

  これまでツイッターや国連演説で「ロケットマン」と呼んできた金正恩委員長と話し合う用意はあるかとの質問に対し、トランプ氏は「もちろんだ。私は常に対話を信じている」と答え、金委員長は「私が少しもふざけていないことを分かっているだろう」と付け加えた。自身の厳しい発言がなければ南北会談は不可能だっただろうとも主張した。

  米国のヘイリー国連大使は7日、ABCの番組「ジス・ウイーク」で、北朝鮮が核実験などを「かなりの時間」停止し、核兵器禁止に関する話し合いを受け入れる必要があると語った。

  ヘイリー大使は、トランプ氏のツイートが人々を不安にさせる可能性はあるが、圧力を維持し、金委員長が核兵器の使用を決めれば米国には北朝鮮を破壊する力があると同委員長に思い出させることが重要だと説明。「核戦争を始めた場合、何が起きるかという現実に気付かないほど傲慢(ごうまん)にさせないことが極めて重要だ」と語った。

原題:Trump Says U.S. Open to North Korea Talks at the Right Time (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE