トランプ氏の知性と適性、周囲は全員疑っている-政権内幕本の著者

  • 「読まないし聞かない。子供みたいだと全員が話す」-ウォルフ氏
  • トランプ氏、内幕本は「いんちき」で「うそだらけ」と非難

トランプ政権の内幕を描いた新刊の著者は5日、大統領の「周囲にいる100パーセントの人々」が大統領としての知性と適性がトランプ氏にあるか疑っていると語った。

マイケル・ウォルフ氏(2017年4月)

Photographer: Carolyn Kaster/AP

  この著者、マイケル・ウォルフ氏はNBCテレビで「トランプ氏は子供みたいだと、全員が話す」と発言。トランプ氏は「読まないし、話も聞かない。周囲とぶつかってばかりで、ピンボールみたいなものだ」と呼び、周囲の者は「ばかで能なしだと言っている」と続けた。

  トランプ氏はウォルフ氏に著書のために話したことはないと主張している。だがウォルフ氏は大統領選の期間中および大統領就任後にも本人と会話したとし、「インタビューだったとの認識があろうがなかろうが」、会話はオフレコではなかったと反論。著書の内容を裏付けるノートや録音記録があり、根拠は全てそろっていると述べた。

  トランプ氏は4日、この本を「いんちき」だとし、「うそ偽りと存在しない情報源にあふれている」とツイッターで非難した。

原題:Author Wolff Says Trump’s Associates Question His Fitness(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE