サッカーのメッシ、カタルーニャ独立なら移籍も-契約書に条項挿入

  • 「競争の激しいリーグに居続ける限り」バルセロナに残留と約束
  • 独立してカタルーニャ州リーグなら競争の機会限られる

サッカーのFCバルセロナに所属するアルゼンチン代表FWのリオネル・メッシは、カタルーニャ独立でレベルの高いサッカーリーグでプレーできなくなる場合、クラブは移籍を容認するとの条項を契約書に挿入した。

  メッシの報道担当を務めるマルセロ・メンデス氏が電話で述べたところによると、メッシは昨年11月に結んだ契約書で、FCバルセロナが「競争の激しいリーグ」に居続ける限りカタルーニャが独立してもクラブに残留すると約束した。

  「サッカークラブ以上の存在」というスローガンを掲げるFCバルセロナは、自らをカタルーニャの価値観とアイデンティティーを体現する存在として位置づけている。だが州内にスペイン1部リーグに所属するチームは他に2つしかなく、独立してカタルーニャだけのクラブで構成されるリーグが誕生すれば、競争の機会は限られる。モナコ公国のASモナコがフランスリーグでプレーするなど例外も存在するが、サッカークラブが国外のリーグに所属するのはまれだ。

  スペインのラホイ首相はカタルーニャの分離・独立を絶対認めない姿勢を貫く一方、カタルーニャ州議会は独立支持派が十分な議席を持つ。移籍容認の条項を取り付けたメッシの意向は、独立支持派に新たな冷や水を浴びせた格好だ。

原題:Messi Sets Barcelona Escape Clause in Case Catalonia Secedes(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE