コーン氏、「私は今日ここにいる」と回答-政権長期残留の言明避ける

トランプ米政権を離れるのでないかとの観測が広がっているコーン国家経済会議(NEC)委員長は、長期にわたって現職にとどまるとの確証を与えなかった。

  いつまで政権に残るつもりかと問われたコーン氏は、「今日はここにいる」と回答。その数分後に、来週もホワイトハウスにいるだろうと付け加えた。

  5日に発売されたマイケル・ウルフ氏の暴露本「炎と怒り」では、トランプ大統領には知性と集中力が欠落しているとコーン氏がこぼしていたと記された。同書によると、コーン氏はトランプ氏を「救いようのないばか」と見なしているという。

ホワイトハウスのコーン国家経済会議(NEC)委員長

出所:ブルームバーグテレビジョン

  ウルフ氏はまた、「ゲーリー・コーン氏の考えを表す」と主張する電子メールも公表。ホワイトハウス周辺で回覧されたという同メールには、「状況は想像以上にひどい。愚か者を道化が囲んでいる。トランプは何も読まない。たった1ページのメモだろうが、短い政策文書であろうが、一切目を通さない。各国のリーダーとの会談でも、退屈がゆえに途中で離席する。側近らも同様にお粗末だ」と記された。

  コーン氏は5日、この電子メールはトランプ大統領ないしホワイトハウスでの職務に対する自身の心情を反映するものでないとした上で、 「ゲーリー・コーンは5語以上の電子メールを書いたことはないと言っていい」と語った。

  コーン氏はまた、今週末にトランプ大統領がキャンプ・デービッドで開く会合に出席し、インフラ計画と福祉制度見直しに関する戦略を話し合うと話した。

原題:How Long Will Gary Cohn Work for Donald Trump? ‘I’m Here Today’(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE