ロンドン高級住宅に「信じられない」値引き-EU離脱などで価格下落

One Blackfriars Photographer: Robert Alexander/Getty Images

「信じられない値引き」だと、不動産仲介業者が電子メールで指摘した。

  ロンドンのテムズ川沿いで建設中の高級集合住宅「ワン・ブラックフライアーズ」のマンション購入で合意した投資家は、20階にある2ベッドルームの物件を180万ポンド(約2億7600万円)で売りに出している。2013年に合意した購入価格を22%余り下回る水準だ。

ワン・ブラックフライアーズ

フォトグラファー:Robert Alexander / Getty Images

  この売り手はアジア出身で、住宅が完成する前に売却したい考えだと、仲介するマイロンドンホームの新築住宅担当マネジャー、クリスチャン・バー氏が説明した。

  バー氏によれば、売り手にとって朗報なのは、英国人と中国人の投資家から、売り出し価格を上回る水準で2件の確定的な購入申し込みがあることだ。同氏は購入希望価格は明らかにしていない。電子メールによると、売り手は7日以内の売却を望んでいるという。

  開発業者が供給を増やしたため、ロンドンで売れ残っている建設中の住宅の在庫は昨年7ー9月(第3四半期)に過去最高となった。英住宅金融ネーションワイド・ビルディング・ソサエティーによると、ロンドンの住宅価格は昨年0.5%下落し、英住宅市場では10年余りで最悪のパフォーマンス。これは通年ベースで09年のリセッション(景気後退)以来の値下がりとなる。

  ロンドン中心部の住宅価格下落は周辺地域に広がりつつある。英国の欧州連合(EU)離脱や、将来の金利上昇に対する懸念などが需要の重しとなっている。仲介業者サビルズによると、フラム地区の住宅価格は、14年のピーク時を14.4%下回っている。

ロンドン不動産価格

原題:London Luxury Home at ‘Unbelievable’ Discount Shows Price Falls(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE