ウーバー創業者カラニック氏、保有株の29%売却へ-関係者

  • 当初は持ち分の最大半分を売ることを提案していた
  • ソフトバンクなどへの売却でカラニック氏は14億ドルを手に

Travis Kalanick Photographer: Udit Kulshrestha/Bloomberg

米ウーバー・テクノロジーズのトラビス・カラニック前最高経営責任者(CEO)は、保有するウーバー株のうち約29%を売却する計画だ。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  ウーバーの複数の株主は、ソフトバンクグループ率いる投資家グループに同社の価値を480億ドル(約5兆4100億円)と評価する条件で、持ち分のかなりの部分を売却することで合意している。同関係者によれば、この取引でカラニック氏は約14億ドルを手にする見込み。協議が公になっていないことを理由に匿名で語った。

カラニック氏

Photographer: Udit Kulshrestha/Bloomberg

  ウーバー株を10%保有する共同創業者のカラニック氏は、持ち分の最大半分を売ることを提案していたが、ウーバーと買い手の合意に盛り込まれた制限のため、売却規模の縮小を余儀なくされたという。

原題:Uber Co-Founder Kalanick Is Said to Plan Sale of 29% of Stake(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE