アップル:半導体の脆弱性問題は全てのマック、iOS端末に影響

  • 「メルトダウン」対策のアップデートを既にリリース
  • ユーザーに影響を与えるセキュリティー上の弱点は見当たらず

Apple Inc. iPhone X Goes On Sale

Michael Nagle/Bloomberg
Michael Nagle/Bloomberg

米アップルは4日、今週明らかになった半導体プロセッサーの脆弱(ぜいじゃく)性が全ての「マック」コンピューターと、「iPhone(アイフォーン)」や「iPad(アイパッド)」など iOS端末に影響すると説明した。ただ、ユーザーに影響を与えるセキュリティー上の弱点は見当たらないと強調した。

  この脆弱性の問題は「メルトダウン」「スペクター」と呼ばれ、アップルによれば、同社はメルトダウンからアイパッドやアイフォーン、アイポッド・タッチ、マックのデスクトップとラップトップ、アップルTVを守るソフトウエアのアップデートを最近リリースした。「アップルウオッチ」は影響を受けていないという。

  こうした修正が端末の性能を低下させるのではないかとの懸念があったが、アップルはメルトダウン対策はパフォーマンスの低下を招いていないとした。

  同社は「サファリ」ブラウザーを「スペクター」から守るアップデートを向こう数日以内にリリースすると説明。これは同ブラウザーで2.5%弱の速度低下を招く可能性があるとした。

原題:Apple Says All Macs, IPhones, IPads Exposed to Chip Flaw(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE