仮想通貨リップル、一時20%値下がり-コインベース取引開始決定せず

  • 過去1週間で倍以上に値上がり、ビットコインに次ぐ仮想通貨2位に
  • リップルは過去最高の3.30ドルに到達後、2.65ドルまで値下がり
Bloomberg/Bloomberg
Bloomberg/Bloomberg

仮想通貨リップルが米東部時間4日の市場で一時20%値下がりした。過去1週間に倍以上に値上がりしていたが、仮想通貨取引所大手のコインベースが現時点で取り扱い通貨に加えないと明らかにしたことが嫌気された。

  リップルは同日、過去最高の3.30ドルに達した後、2.65ドルまで下げた。ニューヨーク時間同日午後2時52分(日本時間5日午前4時52分)現在は1.1%安の2.78ドル。先週は時価総額でイーサを抜き、ビットコインに次ぐ2位の仮想通貨となった。

  コインベースはブライアン・アームストロング最高経営責任者(CEO)のコメントをツイッターに掲載し、新たな通貨を取引対象に加える決定はしていないと表明。現在はビットコインとビットコインキャッシュ、イーサ、ライトコインを扱っている。同取引所がビットコインキャッシュを取り扱い通貨に加えた昨年12月19日、同通貨は一時45%値上がりした。

原題:Ripple Slides After Coinbase Says Not Adding New Crypto Coins(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE