ホワイトハウスが個人の携帯電話利用禁止、職員に通達-当局者

  • 職員は5日から業務中に個人の携帯電話を使えなくなる
  • トランプ氏が批判するメディアへの情報漏えいとは無関係とのこと

米ホワイトハウスは職員が業務中に個人の携帯電話を使うことを禁止する。ホワイトハウスの当局者2人が明らかにした。一部のスタッフからは、外部にいる子どもや親族と連絡が取れなくなるとの懸念の声も上がっている。

  当局者の1人によれば、職員は5日からホワイトハウス敷地内での個人の携帯電話利用ができなくなる。ケリー大統領首席補佐官がセキュリティー重視の立場から禁止措置を講じた。トランプ大統領は就任以来、報道機関への情報漏えいに繰り返し不満を示しているが、今回の措置はそれとは無関係だと当局者は話した。

  ホワイトハウスの無線ネットワークにつながっている機器は非常に多く、個人の携帯電話は連邦政府が貸し出す携帯ほどセキュリティーが厳重でないと当局者の1人は説明。ホワイトハウス内部の問題だとして匿名を条件に語った。

  禁止に反対する職員は仕事で使う電話を私的に利用することはできず、職場の電話はメールも打てないと話している。

原題:A New Ban at the White House: Staff’s Personal Mobile Phones(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE