コンテンツにスキップする

LNGプロジェクトの次の波、年内にも始まる公算-供給過剰予想でも

液化天然ガス(LNG)供給が来年から過剰になるとアナリストらが予想しているのとは対照的に、LNG業界は生産不足に備えて計画を立て始める必要があるとの見方をサンフォード・C・バーンスタインが示した。

  ニール・ベバリッジ氏らバーンスタインのアナリストは4日のリポートで、LNGプロジェクトの次なる波は早ければ今年にも始まると予測。昨年9月時点の予想を早めた。9月時点では、次なるLNGプラントへの投資決定の波は2019年までは到来しないとの見通しを示していた。

不足に転じる可能性

2025年の需要に対応するためには3000万トンの新規LNG生産能力が必要と予測

出所:サンフォード・C・バーンスタイン

注釈:2017年以降は推計

  リポートによると、エネルギー企業による投資承認は向こう4年間に新規供給能力にして年間1億5000万トンを超える見込み。それとは対照的に、世界の昨年のLNG需要は2億8600万トンだった。バーンスタインによると、カタールやパプアニューギニア、ロシア、米国でのプロジェクトが経済的に最も魅力的で、モザンビークとオーストラリアでの拡張プロジェクト、米アラスカ州での巨大プロジェクトがこれに続く。

  LNG需要は昨年、特に中国など新興国にけん引され約10%伸びた。ベバリッジ氏は、石炭からガスへの移行政策が進められている中国は、30年までに日本を抜き世界最大のLNG輸入国になると予想。向こう数年間に新規プロジェクトの操業が始まる結果、過剰生産能力は20年に最大5400万トンに達する見通しだが、需要が拡大する冬季には、LNG市場は引き続き逼迫(ひっぱく)するとみている。

原題:Wave of LNG Projects Set to Begin Even as Projected Glut Looms(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE