ビットコインの輝き鈍る-複数の仮想通貨が時価総額で追い上げ

  • ビットコインの市場シェアは過去最低に低下-ステラなどは拡大
  • いわゆるアルトコインに投資家資金が流入-値上がりのペース激化
Photographer: Christophe Morin/Bloomberg
Photographer: Christophe Morin/Bloomberg

仮想通貨のリーダー格、ビットコインとそれ以外のデジタル通貨の市場シェア格差が縮まっている。ステラやカルダノといった仮想通貨が昨年末にかけて人気を得たからだ。

  コインマーケットキャップの価格データによると、ビットコインの市場シェアは時価総額ベースで過去最低の36%と、1カ月前の56%から低下。国境を越える支払い向けに企図されたステラは年初からの数日で2倍以上に拡大、時価総額が過去最大の130億ドル(約1兆4650億円)余りとなった。

  こうした動きを見れば、投機によってビットコインが値を下げる一方で、別の仮想通貨が値上がりするのではないかとの見方が当然浮上する。全ての仮想通貨を合わせると、その表面上の価値は過去1カ月に2倍以上に膨らんで7000億ドル近くに達した。ただし、それぞれのデジタル通貨には別々の目的がある。

  調査会社オートノマス・リサーチのフィンテック戦略グローバルディレクター、レックス・ソコリン氏はビットコイン以外の仮想通貨、いわゆるアルトコインについて、「ビットコインの競合通貨になろうとはしていない」と語る。イーサリアムは取引の際に契約内容を書き込めるスマートコントラクトのプラットフォームを持つほか、イオタはさまざまな機械が経済につながる時代のトークンとして、リップルは銀行間支払いを念頭に置くなど、別々の利用を想定していると説明し、「仮想通貨の斬新性が剥落するに伴い、その使われ方が重要な意味を帯びるようになるはずだ」との見方を示した。

Crypto Correlation

Top competitors show weaker relationship to bitcoin in two weeks through new year's day

CoinMarketCap, CoinCap price data

Perfect positive correlation is 1.0, no correlation is zero, and perfect negative is -1.0.

  プロの投資家がデジタル資産の評価方法を探る中で、ビットコインとそれ以外の仮想通貨のパフォーマンス比較は重大な関心事だ。コインマーケットキャップやコインキャップの価格データをブルームバーグが調査したところでは、仮想通貨はこれまでおおむね全体として同じ方向の値動きをしてきた。だが、ビットコイン以外の通貨がそれ以上の値上がりを記録する現在、今後も足並みをそろえた動きが続くかは、これまでより大きな意味を持ちそうだ。

ビットコイン(オレンジ)と他のデジタル通貨の時価総額の推移

出典:CoinMarketCap

  時価総額で2番目に大きい仮想通貨イーサリアムは過去2カ月で約3倍、カルダノは同期間に40倍以上値上がりした。一方、ビットコインの価格上昇率は約2倍程度だった。

原題:Bitcoin Loses Dazzle as Second-Tier Crypto Coins Catch Up (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE