BofA、ビットコインファンドの売り込みと取引執行停止-内部文書

  • 買い注文を執行しないようファイナンシャル・アドバイザーらに通知
  • メリルはビットコイン先物の提供を控えていることでも知られる

米銀バンク・オブ・アメリカ(BofA)傘下のメリルリンチは、仮想通貨ビットコインを直接保有する数少ない金融商品の一つである「グレースケール・ビットコイン・インベストメント・トラスト(GBTC)」について、顧客への売り込みを行わないよう行員らに先月通知した。メリルはビットコインの取引全般を控える方向に動いている。

  メリルはビットコイン先物の提供を控えていることでも知られる。昨年12月8日付の内部文書の抜粋によれば、同ファンドの売り込みだけでなく、顧客からの新たな買い注文の執行を行わないようファイナンシャルアドバイザーらに伝えた。証券取引口座の既存のポジションは維持するが、手数料ベースのアドバイザリー口座のポジションは維持しない方針。

  メリルの決定については、米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ、オンライン版)が3日に先に報じていた。メリルの幹部らは内部文書で、「GBTCの取引で新たな買い注文執行を禁止する今回の決定は、この金融商品の適格性基準を巡る懸念が背景にある」と説明した。

  事情に詳しい関係者1人が匿名を条件に語ったところでは、BofAは他のビットコイン関連金融商品をリテール顧客に提供していない。

原題:BofA Said to Include Bitcoin Trust in Broader Ban on Investments

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE