AMD株が急伸、一時8.4%高-インテルの製品に欠陥との報道で

  • 過去10年に製造されたインテル製品搭載の全PCに影響-レジスター
  • セキュリティー面の更新で動作が最大30%遅くなる可能性

3日の米株式市場で半導体メーカー、アドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)の株価が急伸。パソコン(PC)向けプロセッサー市場で唯一のライバルであるインテルの製品に、基本ソフト(OS)へのハッカーの侵入を許すような欠陥が明らかになったとの一部報道が手掛かりにされた。

  テクノロジー関連のウェブサイト、ザ・レジスターによれば、パソコンのメモリーのうちパスワードなどの保護に関する部分へのアクセスを許す欠陥が見つかった。過去10年間に製造されたインテル製CPU搭載のパソコン全てが影響を受けるとみられ、マイクロソフトのOS「ウインドウズ」やアップルの「OS X」で修正が必要になると、同サイトは伝えている。セキュリティー面での更新により、古いパソコンでは動作が最大30%遅くなる可能性があるという。

  AMDの株価は一時8.4%上昇し11.90ドルを付けた。インテルは一時4.5%下げて44.76ドル。インテルの広報担当はコメントを控えた。

原題:AMD Soars After Rival Intel Said to Reveal Processor Flaw (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE