安倍首相:今年は実行の1年、日本は「力強く成長」

  • アベノミクスで「景気回復の温かい風は地方にも広がりつつある」
  • 9月に自民党総裁選、3選なら歴代最長政権も視野に

安倍首相

Photographer: Akio Kon/Bloomberg

安倍晋三首相は1日付で年頭所感を発表し、一億総活躍社会を実現すれば日本は「まだまだ力強く成長できる」とした上で、2018年を「実行の1年」と位置付けた。

  アベノミクス5年の成果として名目国内総生産(GDP)や雇用の改善を挙げた。有効求人倍率は全都道府県で1倍を超えているとして、「景気回復の温かい風は地方にも広がりつつある。あの高度成長期にもなしえなかったことが、実現している」と強調した。

  少子高齢化については「国難とも呼ぶべき危機」とし、全世代型の社会保障改革を進めると説明。厳しさを増す安全保障環境を踏まえ、「毅然(きぜん)とした外交を展開する」とも主張した。

  安倍首相は9月に自民党総裁の任期満了を迎える。3選されれば任期は21年9月までとなり、歴代最長政権も視野に入る。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE