トランプ氏、アマゾン向け郵送料金「大きく引き上げる」べきだ

  • 大統領はこれまでもたびたびアマゾンやベゾスCEOを批判
  • 29日の米株式市場、アマゾン株は下落に転じる

An Amazon.com Inc. package sits in a bin before being placed on a delivery vehicle at the United States Postal Service (USPS) Joseph Curseen Jr. and Thomas Morris Jr. processing and distribution center.

Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg

トランプ米大統領は29日、郵政公社(USPS)はアマゾン・ドット・コムに請求する料金を引き上げるべきだと指摘した。これに反応し、米株式市場でアマゾン株は下落した。

  大統領はフロリダ州に所有する高級リゾート、マールアラーゴから、USPSは「料金を大きく引き上げるべきだ!」とツイッターに投稿。

  さらに、「年間何十億ドルもの損失を出しているUSPSがなぜアマゾンなどの小包配送にほんのわずかな料金しか請求せず、アマゾンをどんどんリッチにさせる一方、USPSはより間抜けで貧しくなっているのか?」と問いかけた。

  トランプ大統領はこれまでも、アマゾンや同社のジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)をたびたびツイッターで批判。8月には、アマゾンが「納税している小売業者に大きなダメージを与えている」と非難していた。

  アマゾンとUSPS間の契約内容は詳細が不明だが、バーンスタイン・リサーチのアナリスト、デービッド・バーノン氏は2015年の時点で、その前年のアマゾンの配送量のうち40%をUSPSが取り扱ったと試算。当時アマゾンはUSPSに対し、小包一つ当たり2ドル支払っていると推定した。この額は、宅配大手のユナイテッド・パーセル・サービス(UPS)やフェデックスへの支払いの約半分。  

原題:Trump Says U.S. Post Office Should Charge Amazon ‘Much More’(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE