最高級の羊肉と茅台酒でもてなす-中国人民元SDR採用前の秘話

  • IMFのSDR構成通貨への元採用を巡る交渉がもてなしで円滑化
  • 中国証監会の方星海副主席が今月のフォーラムで明かす

中国当局が国際通貨基金(IMF)の特別引き出し権(SDR)構成通貨への人民元採用を働き掛けるため2015年に行ったキャンペーンのうち、これまであまり知られていなかった話が明らかになった。中国市場国際化の推進派の1人である中国証券監督管理委員会(証監会)の方星海副主席が今月明らかにした。

  北京のレストランで元採用決定の鍵を握っていた米国の当局者との間で厳しい交渉を行った際、方氏は強力な味方を持ち出した。中国の酒、茅台酒だ。方氏によれば、中国は当時、人民元を準備通貨に採用すれば米国にも潜在的な恩恵が生じると主張していたが、この主張を巡る交渉を円滑化するのに茅台酒が役立ったという。北京で今月行われたフォーラムで同氏が語った。茅台酒は穀物を原料とし、アルコール度数が高い。

  「われわれは最高級の羊肉の串焼き」と茅台酒でもてなしたと方氏は明かし、「非常に突っ込んだ話し合いをした。一緒に酒を飲んだ後は交渉がやりやすくなった」と述べた。同氏はスタンフォード大学で経済学博士号を取得しており、流ちょうな英語を話す。

原題:China Market-Opening Warrior Cites Liquor, Lamb for Win on Yuan(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE