「北朝鮮を核保有国と認めるべきだ」米で37%賛成-言論NPO調査

  • 日本の核武装に米40%が賛成、日本では7割近くが反対
  • 北朝鮮への米の軍事行動、日米とも反対が最も多い回答

日米で行われた世論調査で、北朝鮮を核保有国として認めるべきかとの質問に、米国では37.6%が「認めるべきだ」と回答した。

  日本では12.7%だった。米メリーランド大学と共同で調査を行った特定非営利活動法人「言論NPO」は「北朝鮮問題の解決の困難さが両国民の安全保障の意識に深刻なずれをもたらし始めている」と分析している。

北朝鮮を核保有国として認めるべきか

出所:言論NPO

  核武装の是非についても日米の認識は異なっている。日本人で核武装に賛成なのは12.3%で、7割近くが反対した。米では賛成が40%で反対の33%を上回る。韓国の核武装にも米では40.6%が賛成しており、反対の32.6%よりも多い。
   
  北朝鮮への米の軍事行動の是非については、日本では反対が48.3%、米でも44.2%と最も多い回答だった。ただ米では賛成も32.5%、「分からない」も22.7%で意見は分かれている。日本でも賛成とした人が20.6%いた。

日本の核武装の是非

出所:言論NPO

  調査は日本では18歳以上の男女を対象に10月21日から11月5日、米国では11月1日から6日にかけて行った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE