サウジアラビアが王子2人を釈放、汚職摘発で拘束-関係者

サウジアラビアの故アブドラ前国王の子息で、汚職摘発を理由に拘束されていた王子2人が釈放されたと、事情に詳しい関係者ならびにサウジの王族の1人が明らかにした。この王族はソーシャルメディア上で王子の釈放を祝福していた。

リヤド市内のホテル「リッツ・カールトン」

JACQUELYN MARTIN / AFP

  センシティブな問題だとして匿名を条件に語った同関係者によれば、ミシャール王子とファイサル王子が、拘束されていたリヤド市内のホテル「リッツ・カールトン」を去ったという。汚職摘発に伴い同ホテルには王族や元閣僚らが数多く拘束されている。またノウフ王女は自身のツイッターに2王子の写真を載せ、支持者からのメッセージに返答する形で釈放を認めた。

  サウジアラビア紙オカズは26日、当局への金銭支払いによる和解に合意した王族20人余りが最近釈放されたと報じた。今回の王子2人の釈放については、和解の一環なのか証拠不十分なためなのかは不明。サウジ当局にはコメントを求めて連絡を取ったが、これまで返答を得られていない。

原題:Two Saudi Princes Are Said to Be Released After Graft Probe(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE