2017年の勝ち組と負け組-高リスク資産が好リターン、安全資産さえず

  • ビットコインやウクライナ株、パラジウム、銅には素晴らしい1年
  • 散々だったのはウズベキスタン通貨や天然ガス、日本国債も軟調

ビットコインを保有していた投資家には素晴らしい年、ウズベキスタンの通貨スムに投資していた向きには散々な一年だっただろう。

  2017年が終わるに当たり世界の投資資産の勝ち組と負け組を見てみると、概して最もリスクの高い部類に入る資産が好成績を残した。株式や新興市場国の債券では強気地合いが続いた一方、最も安全でボラティリティーが低いとされる日本国債などの証券はさえなかった。さまざまな資産クラスについて、過去1年間の勝ち組と負け組を以下にまとめた。

株式

  高リターンを求めて投資家が群がった新興国市場では全般的に相場が上昇したが、国際通貨基金(IMF)が5月に「歓迎すべき回復の兆し」と「さらなる成長に向けた明るい基礎」が経済に表れていると指摘したウクライナでは、特に上げが大きかった。一方、周辺アラブ諸国から外交関係を断絶されたカタールや、外国人投資家の資金引き揚げが響いたパキスタンの株価指数は下落した(注:ベネズエラの株価指数は今年3865%上昇したが、急速な通貨切り下げの影響が極めて大きいため除外)。

Best and Worst Performing Equity Indices

Since the start of 2017

*As of 12/26/2017

債券

  30年続いた債券上昇がインフレ率の上昇と金融政策引き締めで終わりを迎えるとの予測は、2017年も外れた。今年の債券勝ち組は、前年に売り込まれたギリシャやアルゼンチンだった。

Developed Market Government Bonds in 2017

Year-to-date performance

Source: Bloomberg, based on bonds in ICE BofAML Developed Markets Sovereign Index

Total return YTD as of 12/21/2017

コモディティー

  ガソリン車の排ガス浄化装置に使用されるパラジウムは、年初来で50%余り上昇し、今年の貴金属相場の上昇を主導。銅やアルミニウムも大きく上げた。これら産業用金属は世界経済の見通し改善とほぼ連動して値上がりした。

  一方、砂糖と天然ガスは軟調だった。砂糖は世界的な供給だぶつきが懸念された。天然ガスは暖冬が2年続いたために在庫が積み上がっており、相場は最近、10カ月ぶりの安値を付けた。

Best and Worst Commodities

Since the start of 2017

*As of 12/26/2017

為替

  最も上げ幅が大きかった通貨は、あまり知られていないモザンビークのメティカルだ。同国は債務危機後のインフレ抑制に苦戦しているが、中央銀行はより低く安定した為替レートを実現させたいと表明している。一方で、ドルとのペッグ制を解除したウズベキスタンのスムは急落した。

Best and Worst Performing Currencies

Since the start of 2017

*As of 12/26/2017

原題:From Bitcoin to Belize, Here Are Best and Worst Assets of 2017(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE