中国スマホ最大手の幹部を収賄容疑で拘束、消費者向け販売の責任者

  • 華為技術が発表、容疑の具体的な説明はしていない
  • 中国最大級の非上場テクノロジー企業、幹部拘束は痛手

Attendees watch a presentation during the launch of the P10 & P10 Plus smartphones and Huawei Watch 2 smartwatch, manufactured by Huawei Technologies Co Ltd.

Photographer: Chris Ratcliffe/Bloomberg
Photographer: Chris Ratcliffe/Bloomberg

スマートフォンメーカー中国最大手の華為技術は、国内消費者向け事業の販売責任者が汚職捜査で拘束されたと発表した。

  27日の発表資料によれば、警察はこの販売責任者、滕鴻飛氏を「収賄の容疑」で調べている。同社は「企業倫理を極めて重視しており、汚職は全く容認できない」とコメント。滕氏の後任については言及していない。

  華為技術はこの1年で国内でスマホ首位、世界でも3位に浮上し、アップルとサムスン電子の主要な競争相手となっている。中国最大級の非上場テクノロジー企業である同社にとり、今回の幹部拘束は痛手だ。

  滕氏の拘束については中国メディアの第一財経が先に報じていた。

原題:Huawei’s China Consumer Sales Head Detained in Corruption Probe(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE