ブティック投資銀幹部が自社株売り、エバコア62億円-今が売り時か

  • エバコアの経営幹部6人が5470万ドル相当の自社株売却
  • フーリハン幹部も自社株合わせて2260万ドル相当を売った

米エバコアがその顕著な例だが、ブティック型投資銀行の有力者が自社の成功が生んだ利益の確定に動いている。

  ブルームバーグが12月20日までに集計したデータによれば、ニューヨークに拠点を置くエバコアの経営幹部6人は、合わせて5470万ドル(約62億円)相当の自社株を売却した。ラルフ・シュロースタイン最高経営責任者(CEO)の売却額は4430万ドル。フーリハン・ローキーでもアーウィン・ゴールド会長の761万ドル相当を含めて、同数の幹部が今年に入り自社株合わせて2260万ドル相当を売った。

ラルフ・シュロースタイン氏

写真家:Christopher Goodney / Bloomberg

  管理職専門人材あっせん会社コーン・フェリーのシニアパートナー、ノア・シュワルツ氏は「今後の調整が劇的になると考えていないが、われわれは今回のブームサイクルの終盤に差し掛かっており、今が売り時のようだ。好機を終わらせかねない数多くの変数が存在し、多くの経営幹部がこのチャンスを捉えようと動いていることは驚きでない」と指摘した。

原題:Evercore Executives Biggest Stock Sellers in Boutique Bank Rally(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE